マンツーマンであれば

マンツーマンであればよく理解できないところはそのたびに質問可能ですし、理解するまで勉強できます。
そして授業内容も発音を中心として、ビジネス英語を主になど学びたいと思う授業を受けるといったことができると言えます。

それに大学によっては、全授業が英語で行われるところもあるほど使われているのです。
また、テレビ番組及びCMも字幕なしで英語で放送されていたりします。セブ島への留学が注目されるわけはいくつかあります。

それに欧米諸国と比較してみるとたいへん日本との距離が近いことにより、航空券も安く済むのです。

またビザについて見てみるとフィリピンであれば30日間までであれば取らなくてもよいのです。また、外食をしてビールを飲んだとしても数十円、焼肉バイキングに行った場合でも数百円、ミネラルウォーターは20円くらいなど日本よりも物価が安いので、滞在費もさほどかかることはありません。
外国で英語の習得のための留学と聞くとカナダ、アメリカ、オーストラリアのほかイギリスに代表されるヨーロッパ諸国を思いつく人が少なくないでしょう。